無理を可能に!?調べまくってお得に旅行や日常を楽しもう!

無理だと思っていた旅行も、色々調べて工夫をすれば、可能になったり、お得に楽しめることがわかってきました。海外旅行に関しては、どんな場所かはわからないけど行くことになった、ノルウェーのベルゲンへの旅行に向けて準備したり調べていることをまとめていく予定です。国内旅行については、沖縄を中心に、旅行やおでかけをして、調べたこと、気づいたことをまとめていく予定です。

住所不要!SNSで送れるWEBカタログギフトのメリットとデメリットとは?

f:id:otoku_urara:20211129163440p:plain

SNS等でお世話になっている方がいるが、プレゼントを贈りたいけど住所を知らない…相手の好みを知らない…そんな悩みを解決してくれる、近年少しずづ増えてきた、SNSで送れるWEBカタログギフトを実際に使ってみて、そのメリットやデメリットについて書いてみたいと思います。

 

 

SNSで送れるWEBカタログギフトについて

【シャディ公式】内祝や、お返しも!ギフト専門店【シャディギフトモール】。 より引用

 

住所や名前がわからなくても、SNSで送ることが出来るカタログギフトです。SNSで送ることができる「ソーシャルギフト」は特定の商品を送ることが出来るものが多いですが、WEBカタログギフトを送ることができるものは、まだ少ない印象です。

 

SNSで送れるWEBカタログギフトのメリットとは?

送りたい相手の住所や名前が分からなくても、相手の欲しいものがわからなくても、相手に好みの物を選んでもらうことができるというのが一番のメリットだと思います。

また、カタログに紙やインクを使わずに済むので、地球に優しくエコということで、時代のニーズにあっています。さらに、紙のカタログが無い分、システム料金などがお得なのも嬉しいポイントです。

記念日の当日でも、SNSですぐにギフトを送ることができるので、もし忘れていても間に合うので助かります。

受け取った側は、スマホなどで、出先でもどこでも24時間好きな時に商品を選ぶことができ、オンラインでそのまま注文が完了するので、とても便利です。

人気ランキングやカテゴリー等の、並べ替えや絞り込みなどの機能があり、欲しい商品が簡単に見つけやすくなっています。

 

※ちなみに、私の場合は、美味しいものが食べたいということで総合カタログを送りましたが、急に包丁が必要になったので、包丁を選んだと報告がありました。貰い手がその時に必要な物が選べるというのも、魅力ではないでしょうか。

 

SNSで送れるWEBカタログギフトのデメリットとは?

まず、インターネットが得意でない高齢の方には送らない方がいいと思います。もしスマホを持っていたとしても、小さくて見にくいかもしれません。(紙のカタログの方が喜ばれるのではないでしょうか)

また、理解がないと、単にギフトコードが送られてくるだけになってしまうので、ちょっと素っ気ないと思われるかもしれません。

 

そこで、貰った側に嬉しいメリットが感じられるものや、素っ気なさをカバーしてくれるおススメのカタログを紹介してみたいと思います。

 

特徴別おススメWEBカタログ

みんなのいいねの数など人気の商品から選ぶことが出来る

f:id:otoku_urara:20211127173632p:plain

リンベルでは、たくさんの商品の中から選ぶのが大変な場合などに便利な、人気の商品から選ぶことができるという、ギフト選びの参考になるツールを利用することが出来ます。実際のカタログ利用者の声がわかるというのは便利だと思います。価格は3,630円~で3種類のカタログがあります。

 

【e-Gift】スマホやパソコンからお取り寄せ商品を選ぶリンベルの“デジタルギフト

 

メッセージカードを添えることができる

antina gift studio(アンティナギフトスタジオ)なら、こんな感じで素敵なメッセージカードを添えて、WEBカタログギフトを送ることが出来ます。ジャンルとしては、雑貨とグルメの2種類で、「dancyu」や「DEAN&DELUCA」とコラボしたカタログもあり、価格は、2,530円~色々あります。

 

アンティナ ギフトスタジオ

 

メッセージとともに写真や動画も送付可

ギフトパッドなら、メッセージとともに、写真や動画も一緒に送ることが出来ます。

オンラインギフト専門店で、カタログの種類が多く、テーマに特化したものから、特定のブランドやお店のものまで、色々あってどのカタログにするか悩むぐらいです。一例として、ANAフーズ、ご当地ラーメンセレクト、黒毛和牛セレクト、全国的にはマイナーな○○町のおくりものといったものまで、多岐にわたります。相手の好みを知っている場合は、ピンポイントで選ぶことができていいと思います。

 

今すぐ贈れるソーシャルギフトは【ギフトパッド】

 

ちなみに私は、どのWEBカタログギフトにしようか悩んで、最終的にはギフトパッドを利用しました。

www.otoku-urara.com

 

最後に

今はまだWEBカタログギフトは、主流ではないかもしれませんが、今後恐らく、紙ベースのものはどんどん減っていくのではないかと思います。(何度も見返すものではなく、一度しか利用できないので、勿体ないとはずっと思っていました。)

WEBカタログギフトを利用することで、より気軽に、相手が欲しいものを送ることが出来るようになるのではないでしょうか。