無理を可能に!?調べまくってお得に旅行や日常を楽しもう!

無理だと思っていた旅行も、色々調べて工夫をすれば、可能になったり、お得に楽しめることがわかってきました。海外旅行に関しては、どんな場所かはわからないけど行くことになった、ノルウェーのベルゲンへの旅行に向けて準備したり調べていることをまとめていく予定です。国内旅行については、沖縄を中心に、旅行やおでかけをして、調べたこと、気づいたことをまとめていく予定です。

炭鳥 蔵 IKADAでむかし鳥の体験型テイクアウト(東京・青梅)

f:id:otoku_urara:20211126155251p:plain

紅葉を楽しむために、東京の御岳と奥多摩へ行ってきたのですが、ランチは「炭鳥 蔵 IKADA」というお店でむかし鳥のテイクアウトをしました。ちょっと変わった形のテイクアウトでしたので、紹介してみたいと思います。

 

 

炭鳥 蔵 IKADAについて

炭鳥 蔵 IKADAは、東京の青梅市にある「鶏」にこだわったお店です。地元青梅産の鶏肉を使用しているのが特徴なのですが、一般的に食べられている若どりではなく、「親鳥」という、産卵を経験した生育期間が長い鶏を使用しているので、昔なつかしいしっかりとしたお肉で、歯ごたえがあるのが特徴です。

 

ikadamitake.com

 

 

体験型のお店です

こちらのお店では、単に料理を注文して食べるのではなく、体験型となっているのが特徴です。

お店の方がオーブンで焼いた鶏肉を、自分で炭炉であぶって焼いてから食べます。

テイクアウトでお願いしたのですが、この自分で炭で炙るという作業はしました。

塩かタレかを選ぶことが出来たので、塩にしてみました。こんな感じで、うちわで軽くパタパタしながら、表面を炙っていきます。

画像引用元:公式HP

こちらの骨付きモモ 筏セット(写真を撮るのを失念してしまいました…)を注文したので、鶏肉を焼きながら、おかわり自由の利尻昆布汁を飲むことが出来ます。

体験型なので、楽しみながら、自分でいい感じに仕上げていくことができます。私が行ったときは、連休の中日の平日だったので他にお客さんが誰もにいなかった為、お店の方がサポートをしてくれたので困ることはありませんでしたが、前日は凄い人だったようです。

 

テイクアウトして車中で食べました

他にお客さんがいなかったこともあり、お店で食べても別に良かったのですが、時間が押していたので、そのまま車中で食べました。

鶏肉は、普段食べているものとは違い、とても弾力があるので、少し食べにくかったですが、食べ応えがありました。骨付きの肉にかぶりつくことになるので、ビジュアル的には結構凄いことになってたかもしれません。(お肉が固めなので、どうしても、まんがみたいな食べ方になってしまう…)

爆弾おにぎりは、かなり大きくて少し食べるのに苦労しましたが、なかなか美味しかったです。

別添されていたお店の敷地内で採れたみたけ山椒は、かなりピリッと舌が痺れました。

テイクアウトの商品は、1品ずつ袋で密閉されていて、温かいものと冷たいもの(味付け卵と漬物)は分けて提供されました。

 

注意点など

我が家は、密を避けるのと時短のために、よくテイクアウトを利用しますが、こちらのお店のテイクアウトは、通常のイメージとはちょっと違うのでそこが注意点です。

まず、肉を焼くという作業が発生するので、空いていても15~20分程度かかると思います。また、焼き場は大きくないので、混雑時は、密になると予想されます。(飲食スペースは、中、外のテラス席、ペット可のテント席などそれなりにある)

パっと買って、車でさっと食べるのには不向きかもしれません。もしテイクアウトするのであれば、そのまま家まで持ち帰り、家で温めて食べる方が食べやすいのでおススメです。

 

最後に

食材にこだわりが感じられたのと、あとエンタメ性があって楽しく、しかもむかし鳥(親鳥)を食べられるお店は珍しいと思うので、観光にはピッタリではないでしょうか。青梅、御岳、奥多摩観光の途中で立ち寄ってみてはいかがでしょうか。