無理を可能に!?調べまくってお得に旅行や日常を楽しもう!

無理だと思っていた旅行も、色々調べて工夫をすれば、可能になったり、お得に楽しめることがわかってきました。海外旅行に関しては、どんな場所かはわからないけど行くことになった、ノルウェーのベルゲンへの旅行に向けて準備したり調べていることをまとめていく予定です。国内旅行については、沖縄を中心に、旅行やおでかけをして、調べたこと、気づいたことをまとめていく予定です。

日光東照宮のすぐ側「ホテル清晃苑」での宿泊

f:id:otoku_urara:20210326175807p:plain

コロナの影響で中止となった子供の日光への修学旅行ですが、代わりに家族で日光へ行ってきました。今回は、宿泊した「ホテル清晃苑」について書いてみたいと思います。

 

ホテル清晃苑について

 

こちらのホテルは、静かな森に囲まれた日光山境内にあるので、日光東照宮などの観光をするには大変便利な立地となっています。私がこちらのホテルを選んだ大きな理由がこの立地です。あとは、料金がお手頃価格だというのもあります。

じゃらんでの口コミが4.3、楽天トラベルは4.42と高評価なのも決め手でした。

 

人のいない東照宮散策を楽しめる! 

f:id:otoku_urara:20210324174130j:plain

 こんな感じで、誰もいない広い表参道を散策することができます。夕方と朝食前の早朝と両方行ってみましたが、どちらも人がほぼいない状態でした。とても静かで神聖な雰囲気を楽しむことができました。東照宮の参拝は出来ないのですが、早朝見かけた唯一のご夫婦(たぶん近所の方っぽい)が、表門の階段下から参拝されていたのが印象的でした。

また、朝一で日光東照宮に入ったのですが、朝一は空いているので大変おすすめです。陽明門をバックにして、業者の方に写真を撮ってもらったのですが、人がほぼ写っていない(よーく見たら誰かが写っているのがわかる程度)写真を撮ってもらうことができました。少し時間が経つと、修学旅行か遠足の小学生の団体が来て、一気に人が多くなりました。

 

夕食は部屋食なのに安い!

f:id:otoku_urara:20210326133720j:plain

 夕食が部屋食だというのもこちらのホテルに決めた大きな理由です。部屋食だと、値段がどうしても高くなってしまいますが、1人1万円で部屋食だったので、それならということで選びました。料理ごとの配膳ではなく、最初に全部ドンと来て、あとは終わったらデザートが来る形でした。なので、焼き物は冷めていたりしましたが、このコロナ渦では、その方がこちらとしても気が楽なので、それはそれでいいのではないかと思います。内容は、日光名物の湯葉を楽しめる内容ですが、豆腐が嫌いなうちの男性陣にはちょっと物足りなかったようです。うちの子が夫のしゃぶしゃぶの肉を奪っていました…でも、部屋でゆっくりと食べることができて良かったです。

f:id:otoku_urara:20210326134334j:plain

ちなみに朝食はレストランでした。テーブルとテーブルの距離は離れていましたし、皆さん静かに食べている印象でした。内容的には、ご飯のお供がかなり充実している内容なので、ご飯好きにはいいかもしれませんが、そうじゃないと食べるものがあまりないという印象になってしまうかもしれません。

 

無料の駐車場があって便利! 

 ホテルの駐車場が無料で使えるのですが、東照宮に近いのでとても便利です。チェックアウト後も12時までそのまま駐車場に停めたままでも大丈夫だったので、ゆっくり観光を楽しむことができました。日によっては混雑して、駐車場に入れるのにも時間がかかって大変なこともあるようなので、駐車場の心配をせずにプランをたてることができます。

 

余裕のあるお風呂とトイレ!?

10帖の部屋なのになぜかトイレが2か所もあってなんでだ?と思っていたのですが、サービスを担当してくれた方が、うちの子を見て、「ひょっとして修学旅行に来る予定だったんではないですか?中止になって、代わりにご家族で泊まりにいらっしゃる方が多いですよ 」と話しかけてくださって、その際に、修学旅行だとこの部屋に10人泊まるんですよと教えてもらい、それで2か所もトイレがあるのかと納得。

温泉も男女とも大浴場と露天風呂の2か所があるので、修学旅行が入っていなければ、部屋数は少ないので、あまり他の人と出会うことはないのではないかと思います。

 

その他

接客に関しては、とても気持ちのよい対応で良かったと思います。あとは、部屋の冷蔵庫に飲み物が入っていて有料なのですが、少し高いと感じました。館内の自販機でも購入できますが、コンビニより高いし、種類が少ないので、特にチューハイを飲む私のような方は、飲み物に関しては不便を感じるかもしれません。(部屋の冷蔵庫にはチューハイ系はないし、注文できるリストにもない。梅酒ならありました。)

f:id:otoku_urara:20210326141428j:plain

窓からの景色はよく、森&山ビューでした。静かで、朝の8時にはお寺?の鐘も聞こえました。

今回のテーマである、行けなかった修学旅行の代わりの旅にはとてもピッタリの宿で良かったです。