無理を可能に!?調べまくってお得に旅行や日常を楽しもう!

無理だと思っていた旅行も、色々調べて工夫をすれば、可能になったり、お得に楽しめることがわかってきました。海外旅行に関しては、どんな場所かはわからないけど行くことになった、ノルウェーのベルゲンへの旅行に向けて準備したり調べていることをまとめていく予定です。国内旅行については、沖縄を中心に、旅行やおでかけをして、調べたこと、気づいたことをまとめていく予定です。

旅行時のメガネ・コンタクト・サングラス問題についての考察

私は基本はメガネで、時々使い捨てのコンタクトを使っています。現状、旅行の際は、基本メガネで、1dayコンタクトを多めに持っていき、サングラス(度なし)は持って行ったり行かなかったりしています。

なんとか荷物は減らしたいところですが、特に海外旅行の場合は、飛行機の移動時などは、コンタクトは乾燥するので、メガネは必須になってくるかと思います。

 

ブラックフライデーに興味がないと言いながら、近所のZoffがセールをしてて、そういやZoffって、メガネにサングラスを装着できるのがあったよなぁと少し気になったので、旅行の時のメガネ・サングラス問題について、どうしたらいいのか調べて検討してみました。

 

 

度入りのサングラス

最初に思いついたのは、度付きのサングラスを購入することなのですが、夫に、

「トンネルに入ると真っ暗で何も見えないらしいよ。」と言われて断念。旅行中に夜になって、何も見えなくなってしまうと非常に困ります。暗いとき用に普通のメガネを持ち歩くのも荷物になるし面倒。

 

メガネにサングラスを取り付ける

私が知っていたのはZoffの2wayグラス。

スクエア型 2WAYめがね(フレームのみ・ダミーレンズ入り・レンズ交換券付き)|Zoff NIGHT & DAY (偏光機能搭載)|ゾフ サングラス 紫外線対策 度付きメガネ 度入り めがね【56□18-142】

新品価格
¥10,450から
(2019/11/28 14:40時点)

サングラス部分がマグネットで付けはずしができるようになっている商品です。昼と夜とでがらっと印象を変えたい人にはピッタリの商品だと思います。ただ、この商品は、種類が限られているので、自分が気に入ったデザインに出会えるかが問題なのと、あと、レンズが2倍になるので重さも気になるところ。長時間付けるなら、軽い方が快適です。

 

ちなみに、どんなメガネにも付けられるタイプの商品も色々あるようです。

SWANS(スワンズ) サングラス メガネにつける クリップオン 固定タイプ SCP-12 LSMK2 偏光ライトスモーク2

新品価格
¥2,100から
(2019/11/28 14:46時点)

価格はお手頃ですが、デザインがどれもイマイチですね…

 

調光レンズに決まり!

 調べていて私が見つけてこれにしようと思ったのが、「調光レンズ」。

室内ではメガネとしてクリアな状態で使えるのですが、紫外線に反応してレンズに色がつくので屋外ではサングラスになるという凄い機能を持ったレンズです。

どんな感じになるのかは、こちらの動画でどうぞ。


【Zoff】2way Lens(調光レンズ)色濃度変化イメージ映像

動画にもあるように、徐々に色が変わるので、明るい所から急に暗い所に入った時にちゃんと見えるかどうかが気になるところではありますが、濃すぎない色のレンズを選べばあまりその辺は気にしなくてもいいのではないでしょうか。

 

このレンズにするメリットは、まずメガネとサングラスの機能を1本にまとめることができるので、荷物を減らすことができるということ。屋内と屋外で付け替えをしなくて済むので楽なこと。あと一番魅力的なのは、好きなフレームを選ぶことができるということ。調光レンズは各社で取り扱いがあるので、広い選択肢の中から選ぶことができます。軽さはもちろん、印象が変わるのでデザインにもこだわりたいです。

 

あと、重要なのが強度!

何度かメガネを壊した(壊された)ことがあるのですが、非常に困りました。仕事中に壊れたときはテープでくっつけてなんとかしのいだり、実家で壊れたときは、初めて行く地元のメガネ屋さんに駆け込んで、なんと無料で直してもらったりしたのですが、海外で壊れたら、言葉の問題があるので、修理してもらうのに苦労しそうだし、新しく作り直すのも、国によっては処方箋が必要だったりとかなりハードルが高いと思います。(昔韓国で、むっちゃ簡単に安くメガネを作ってもらったことがありますが、そうじゃない国が多いのではないでしょうか)あと、鼻の高い欧米人向けのメガネだと、顔の平たい日本人にはサイズが合わない可能性も多いかと思います。調光レンズにすれば、強度の高いフレームを選択することも可能です。

 

 最後に

 最終的に、私が海外旅行に持っていく予定なのが、軽くて丈夫で私に合う調光レンズのメガネと、1dayのコンタクト、普段は使っていない予備のメガネ(念のため)にしようと思っています。

  

www.otoku-urara.com