無理を可能に!?調べまくってお得に旅行や日常を楽しもう!

無理だと思っていた旅行も、色々調べて工夫をすれば、可能になったり、お得に楽しめることがわかってきました。海外旅行に関しては、どんな場所かはわからないけど行くことになった、ノルウェーのベルゲンへの旅行に向けて準備したり調べていることをまとめていく予定です。国内旅行については、沖縄を中心に、旅行やおでかけをして、調べたこと、気づいたことをまとめていく予定です。

海のAJITO 須ノ浦ストーンフィールドでの宿泊

広島県の呉にある倉橋島に「海のAJITO 須ノ浦ストーンフィールド」というスポットがあるのですが、こちらで宿泊(2018年8月)してきた体験について書いてみたいと思います。

 

ちなみにこちらの宿を見つけた経緯については、別記事で書いてみたいと思います。

 

 

立地

 倉橋島の南側に位置し、目の前がビーチとなっていて、最高のロケーションです。

 

マリンアクティビティも楽しめるので、夏がおすすめです。

瀬戸内なので、波が穏やかです。

うちは、子供とお父さんがシーカヤックを楽しみました。

 

ゲストハウス

 宿泊できるゲストハウスは、こんな感じでフローリングの4.5帖で、定員が4人ですが、4人だと正直狭いです。布団を4枚ひくと、荷物を置くスペースがなくなってしまうので、私たちは、大人3人、子供1人だったのですが、3枚の布団を引いて雑魚寝状態で寝ました。他の部屋の人が、部屋の外にテントを張っていたので、そういったものを活用しないと4人はちょっときつめだと思います。

他の部屋の設備としては、エアコン、小さい冷蔵庫(あまり入らない)、電子レンジ、洋式トイレがありました。あと、ゲストハウスと表記されていますが、基本1部屋単位で借りるので、知らない人と一緒の部屋になることはないと思います。

 

お風呂は共有の檜風呂が2つありました。シャワーは宿泊者でも有料なのですが、お風呂は無料でした。

 

また、こちらのキャビンとは別にキャンプサイトもあります。

食事について

 部屋の外は屋根がついたちょっとしたスペースがあり、そこでBBQをすることができます。カフェで夕食を食べることもできますが、BBQをしているグループがほとんどでした。椅子やテーブル、コンロ、炭、トング、皿、調味料などは準備してもらえます(一部有料ですが良心的価格です♪)。食材は手配してもらうこともできますが、私たちは、野菜だけお願いして、あとは持ち込みました。ドリンクは、自販機がなかったので、自分たちで全部持ち込む必要があります。冷蔵庫が小さいのでクーラーボックスを持っていくことをおすすめします。夏だけかもしれませんが、ビーチにbarが出ていたので、そこで飲み物を買うこともできました。

 

カフェ

併設されているカフェを利用することもできます。

こんな感じで海を眺めることができておすすめです。朝食は、持ち込むかこちらで食べることになります。

 

おすすめポイント!

・夕日が綺麗

ここは、夕日がとても綺麗です。宿泊棟の屋上に上がることができるのですが、パラソルや椅子などがあって、特に夕日の時間はおすすめです。共有スペースになるのですが、お酒をのんだりしてのんびり過ごしました。

 

・部屋が隣と離れているので、室内にいる際に隣にあまり気を遣わなくても大丈夫。

・値段が安い!繁忙期でも大人2名子供2名で1部屋16,000円(素泊まり)です。

・チェックインが11:00~なので、海遊びをしながら部屋で休憩ができる。

 

最後に

知る人ぞ知るという穴場スポットですが、特に夏におすすめです!

家族連れにおすすめします。

www.sunourastonefield.com