無理を可能に!?調べまくってお得に旅行や日常を楽しもう!

無理だと思っていた旅行も、色々調べて工夫をすれば、可能になったり、お得に楽しめることがわかってきました。海外旅行に関しては、どんな場所かはわからないけど行くことになった、ノルウェーのベルゲンへの旅行に向けて準備したり調べていることをまとめていく予定です。国内旅行については、沖縄を中心に、旅行やおでかけをして、調べたこと、気づいたことをまとめていく予定です。

白保日曜市で石垣島を感じられるランチ

日曜日の10:00~13:00に石垣島の白保地区で開催される白保日曜市へ行って、地元の食材を使ったランチを食べに行ってきました。スケジュールがあえば、是非立ち寄るのがおすすめの日曜市です。

 

白保の日曜市とは

毎週日曜日に、環境保護団体WWFのしらほサンゴ村で開催される白保日曜市。石垣島の伝統食や、手作りの民芸品、地元の野菜、加工品などが販売されます。決して大きな規模の市場ではありませんが、とても温かみがあって、珍しいものが多く、見て回るのが楽しいです。週に1回しか開催されないので、ちょっと珍しいお土産を探している方にもおすすめです。

 

駐車場について

 私たちは、レンタカーで日曜市に行きました。心配だったのが駐車場。しらほサンゴ村の駐車場は数台しかとめられないため、不安だったのですが、臨時駐車場がありました。

 さんご村の建物をちょっと過ぎた左手の空き地が、白保日曜市の臨時駐車場として開放されていました。グーグルマップだと、「白保きら星ツアー」となっている場所です。

 

 ランチ

私たちは、こちらでランチを食べました。

私が、絶対食べたいと思っていたのは「カナッぱ弁当&おにぎり」のセット

おにぎりと汁は好きな味を選ぶことが出来ます。 

カナッぱとは月桃の葉のことで、おにぎりをカナッぱに包むことで、殺菌作用があったり、月桃の香りを楽しむこともできます。見た目も味も香りも沖縄らしくて美味しかったので満足です。私たちは、簡易テーブルとパラソルやテントがあったので、こちらでゆっくり頂きましたが、時間がない場合は、かなっぱおむすびは単品で購入もできます。

なお、うちの子は石垣牛の牛丼を食べていましたが、そちらも美味しそうでした。

 

白保の海とサンゴ

日曜市を楽しんだ後は、すぐ近くにある海にいってぼーっと海を眺めました。

すると、子供が、

お母さん、サンゴが死んじゃうと何が問題なの?

え?なんだろう…お母さんもよくわからない。帰ったら一緒に調べてみよう!

 

ということで、石垣空港へ向かいました。空港から近いので、帰りに立ち寄るのもおすすめです。

 

 サンゴがなくなると何が問題なのかはこちら

www.aeon.info