無理を可能に!?調べまくってお得に旅行や日常を楽しもう!

無理だと思っていた旅行も、色々調べて工夫をすれば、可能になったり、お得に楽しめることがわかってきました。海外旅行に関しては、どんな場所かはわからないけど行くことになった、ノルウェーのベルゲンへの旅行に向けて準備したり調べていることをまとめていく予定です。国内旅行については、沖縄を中心に、旅行やおでかけをして、調べたこと、気づいたことをまとめていく予定です。

お取り寄せも!おうちで金沢おでんは最高かも!

福梅を東京の石川県のアンテナショップに買いに行ったのですが、

www.otoku-urara.com

その際に、金沢おでんが販売されていたので、気になって購入してみたら、想像以上に美味しかったので紹介してみたいと思います。

 

金沢おでんとは?

「金沢おでん」なんていうワードはは、私が金沢に住んでいたころには聞いたことがなかった気がしますが、近年メディア等でよく見かけるようになりました。

金沢おでんには定義があるようで、

車麩、赤巻、ふかし、バイ貝、カニ面、金沢銀杏(ぎんなん)を使ったひろず、源助大根などの加賀野菜といった金沢独特の具と、各店が大切にするだしを用いたものを「金沢おでん」と定義する

引用元 https://www.asahibeer.co.jp/area/06/17/kanazawaoden/

 

有名な具としては、メディアなどでよく取り上げられる、カニ面が見た目にも印象的ですが、個人的には、車麩が非常においしくておススメです。車麩は、小さいころから、卵とじなどで日常的に食べてきた馴染みのある素材です。

 

金沢おでんはお取り寄せできる!

金沢おでんは、金沢へ行かないと食べることができないと思っていたのですが、偶然石川県のアンテナショップで販売されているのを見つけて購入してみたのですが、美味しかったので、私が食べたおでんの紹介と、他にもお取り寄せできる金沢おでんがあるのか調べてみました。

 

赤玉本店の金澤おでん

f:id:otoku_urara:20201222143139j:plain

私が、石川県のアンテナショップであるいしかわ百万石物語江戸本店で購入したのが、赤玉本店の金澤おでんです。赤玉本店は、金沢であまり飲み歩いたことがない私でも知っている有名店です。

実は冷凍の商品だったのですが、知らずに冷蔵庫に入れてしまい、慌てて食べることになりました。

食べ方は簡単で、鍋で温めるだけです♪

f:id:otoku_urara:20201222144012j:plain

 入っている具は、にぎすつみれ、海老しんじょ、赤玉ばくだん、肉いなり、車麩です。

赤玉ばくだんは、中にうずらの卵がはいっています。

初めて食べましたが、想像よりかなり美味しかったです♪特に、車麩は、出汁をたっぷり吸っていて最高!

 

 

 こちらの赤玉本店のおでんのカニ面入りもありますが、1万円なのでちょっと高いかもです。

 

 

9種のおでんせっとで、ボリュームたっぷりです。どうしてもカニ面入りのおでんをお取り寄せしたい場合は、今のところ、こちらの商品しかないと思います。

 

浅田屋の 金沢おでん

浅田屋さんは、金沢で料亭やレストランをいくつかされている有名店で、こちらのお店もおでんは食べたことはありませんが、結構美味しくておススメのお店です。(ちょい高級店ですが…)

 

 

 浅田屋のおでんは、赤と黄の2種類あり、それぞれ入っている具が違います(カニ面はありません)。浅田屋さんのなので、味は確かだと思いますが、お値段はちょっと高めです。常温で60日保存できるので、使いやすいと思います。

 

最後に

 私は金澤おでんをランチに食べたのですが、これ、夜に、お酒を飲みながら食べると最高なんじゃないかと思います。リピートも検討中です!

金沢に帰省しても、あまり夜は出歩かないのですが、いつかお店におでんを行って食べてみたいです。