無理を可能に!?調べまくってお得に旅行や日常を楽しもう!

無理だと思っていた旅行も、色々調べて工夫をすれば、可能になったり、お得に楽しめることがわかってきました。海外旅行に関しては、どんな場所かはわからないけど行くことになった、ノルウェーのベルゲンへの旅行に向けて準備したり調べていることをまとめていく予定です。国内旅行については、沖縄を中心に、旅行やおでかけをして、調べたこと、気づいたことをまとめていく予定です。また、日常生活がお得になるような情報も書いています。

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

大失敗… じゃらんのクーポン攻略方法について考えてみた

※2024年7月時点の情報です。

 

今年はお盆の帰省をしないでおこうと思っていたのですが、やっぱり帰省しよう(車で)ということで、急遽ホテルの予約をすることにしました。

ちょうどじゃらんのスペシャルウィークが開催中なので、さらにクーポンを使ってお得に予約しようと考えていました。

 

狙っていたのは、こちら☟

10,000円分のクーポンです。

 

お盆の時期なので、宿泊費の元値が高い(仕方がない)ので、せめてクーポンで少しでも安く…と、10時に配布スタートなので、PCの前で待機しました。

 

攻略方法はないかと、他の方のブログを読んで、PCで、予約したい宿を決めておいて、予約内容を入力して、あとは「次へ」を押す状態で待機しつつ、別のタブでクーポンを獲得し、獲得したらすぐ、次へを押して、予約完了!のはずでした。

 

ところが、10時を過ぎても、いっこうにクーポンが更新されません。何度も何度もページを更新しても、出てきません。

そこで、X(旧Twitter)を見てみたところ、クーポンで安く予約できた!との報告が。なぜ?と思っていたら、別の方がXで、「クロームだとじゃらんのクーポンが更新されない」と書いていて、まじか、と思い、慌ててじゃらんのアプリを見てみると、クーポンが配布されている!でも、もう1万円も5千円も配布が終了。とりあえず2千円のクーポンを獲得して、予約するかどうかちょっとの間凄ーく悩んで、結局予約しました。

 

まあそれでも、元々56,000円程のプランが、じゃらんのスペシャルウィークのプラン(11%引き)でさらにクーポンを使って45,000円程になったので、イイっちゃイイんですが。

 

ということで、今後、どうしたらいいのか考えてみました。

 

まず、じゃらんのアプリは必須です。(Xでも、アプリの方がとりやすいという書き込みがいくつかありました。)アプリは最新版にアップデートして、ログインして、クーポン獲得の画面を出しておきます。狙うクーポンをあらかじめ第二候補ぐらいまで決めておくと安心です。(特に、クーポンの利用条件の予約金額をしっかり確認しておくことが重要)

 

そして、PCの方で、ポイントサイト経由(私の場合はモッピー)で

 

 

※ちなみに、まだポイントサイトに登録してないという方は、

よろしければこちらからどうぞ↓

初心者でも安心!ポイ活応援サービス モッピーで“ポイ活”はじめよう | ポイ活するならモッピー|ポイントサイトの副業で副収入・お小遣い稼ぎ

紹介コード fqjhe126

 

 

じゃらんのページを開き、あらかじめ決めておいた宿泊したい宿の予約にすすみます。

予約内容の入力のページは、全て入力して、一番下の「次へ」のボタンが青色に表示されていることを確認して、次へを押して支払い情報の入力に進みます。

支払い情報を入力したら、その状態で待機します。

 

注意点としては、この状態があまり長すぎると、時間切れとなり最初から入力する必要があります。(私は、30分程度待機していたら、時間切れになっていました)

 

なので、なるべく直前に待機しておくと安心だと思います。

 

そして、時間になったら、アプリを使ってクーポンを獲得します。無事獲得できたら、PCの方の待機画面の支払いのページを再読み込みします。利用できるクーポンは自動で適用されるので、獲得したクーポンが出て来るのを確認して、予約完了させます。

 

恐らく、これが一番早いと私は思います。

 

念のため、

他の方のブログを読んでいて、いくつか見かけたPCでタブを複数開いて待機というのは、まだ、やろうと思えばできそうな気はします。

普段使っているアカウントのクロームだとクーポンが出てこないのですが、普段じゃらんを利用していないアカウントのクロームだとクーポンがちゃんと出てきました。

なので、ブラウザのキャッシュを削除すればいいのかもしれませんが、それはそれで色々面倒な気がします。

 

ということで、アプリとブラウザの併用がおススメです。

 

以上、じゃらんのクーポン獲得に失敗して、ちょっと悔しいので、ブログに書いてみました。