無理を可能に!?調べまくってお得に旅行や日常を楽しもう!

無理だと思っていた旅行も、色々調べて工夫をすれば、可能になったり、お得に楽しめることがわかってきました。海外旅行に関しては、どんな場所かはわからないけど行くことになった、ノルウェーのベルゲンへの旅行に向けて準備したり調べていることをまとめていく予定です。国内旅行については、沖縄を中心に、旅行やおでかけをして、調べたこと、気づいたことをまとめていく予定です。

島行きの船に乗るだけでも価値あり!ハート型の癒し系離島「黒島」の魅力と楽しみ方

f:id:otoku_urara:20210330174530p:plain

石垣島から日帰りで行ける黒島。人より牛の数の方が多い島で、観光客も比較的少ないのですが、だからこそ、沖縄の離島ののんびりとした雰囲気を楽しめるのではないかと思います。黒島だからこその楽しみ方や、黒島に行った人しか見ることができない絶景について書いてみたいと思います。

 

 

島で出会うのはほぼ牛!?

f:id:otoku_urara:20210316222555p:plain

ガイドブックでも、掲載ページが一番少ない島の黒島は、住民より牛の数の方がはるかに上回る島なので、住民と会うことがほとんどないのに加えて、観光客も少ないので、島で会うのは人ではなく牛率が高いです。

東屋の椅子も牛というくらい、牛推しの?島です。あと、確か、牛の病院があったのが印象的でした。(覚えていないのですがメモにそう書いてある…)

なので、本当の沖縄の離島ののんびりした雰囲気を楽しめます!

 

自転車でのんびり回るのがおすすめ!

石垣島からの船を降りてすぐのところで、レンタサイクルを借りることが出来ます。黒島はアップダウンがほとんどないので、電動でなくても大丈夫だと思います。私が借りたのは、「まっちゃんおばーのレンタサイクル」です。

こんなかんじで、ほとんど人がいない道を気持ちよく走ることができます。おススメは、日本の道100選にも選ばれている県道黒島港線です。

 

黒島でおススメの観光スポットは?

伊古桟橋

f:id:otoku_urara:20210804132319j:plain



 一番のおススメは伊古桟橋です。私が行ったときは、曇りだったのでイマイチですが、晴れたらむちゃくちゃ綺麗だと思います。354mもあるので、竹富島の西桟橋よりも大分長いですし、そして何より人が少ない!黒島の中で一番観光客に出会ったのがこちらですが、それでもかなり、人はまばらだった印象です。

 

 黒島研究所

主にウミガメの研究をしているようですが、こちらでは、ウミガメをはじめ、サメやヤシガニなどの生体展示をしています。ウミガメのエサやり体験もできました。宇宙からの漂着物などの展示もありました。

 

人が少ない美しいビーチでのんびり!

帰りの船までの時間、ビーチでのんびり過ごしました。私が行ったのは、港から近い西ノ浜です。3月ということもあってか、ビーチを独占できました。こちらのビーチは、4月~9月の夜間にウミガメが産卵にやってくるとのことです。それほど、自然のままの美しい海でした。

 

一番感動したのは船から見た黒島ブルー!

f:id:otoku_urara:20210804134556j:plain
写真ではうまく伝わらないかもしれませんが、黒島沖の海の色がむちゃくちゃ綺麗で感動しました。船内ではなく、デッキから眺めるのがおススメです。黒島から石垣島へ戻る際に見たのですが、黒島を出て、5分後ぐらいからの海の色は、あまりにも美しいので、絶対見ないと損です!(私は15時台の船に乗ったのですが、日が高い時間の方がより綺麗だと思います。)

 

最後に

黒島は、沖縄の離島の中ではあまりメジャーな島ではないですが、美しい黒島ブルーの海を見たい!という方や、のんびり過ごしたい!という方にはおススメです。後は、珍しいヤシガニそばを食べることができます。(別記事で書く予定)