無理を可能に!?調べまくってお得に旅行や日常を楽しもう!

無理だと思っていた旅行も、色々調べて工夫をすれば、可能になったり、お得に楽しめることがわかってきました。海外旅行に関しては、どんな場所かはわからないけど行くことになった、ノルウェーのベルゲンへの旅行に向けて準備したり調べていることをまとめていく予定です。国内旅行については、沖縄を中心に、旅行やおでかけをして、調べたこと、気づいたことをまとめていく予定です。

ANAのマイルで繁忙期に北欧行きの航空券を予約する際の注意点

この記事をシェアする

7月~8月あたりという繁忙期に、ANAのマイルを使ってノルウェーのベルゲンに行く航空券を予約しようと考えています。繁忙期の予約となると、予約開始直後となる355日前あたりに予約する方が多いかと思いますが、北欧に行こうとすると、それがなかなか難しいことがわかったので、情報をまとめてみたいと思います。

 

 

北欧に行くのに重要になるSAS

ANAが所属するスターアライアンスを利用して北欧に行く場合に、利用する可能性が高いのがSAS(スカンジナビアン航空)です。場所にもよりますが、北欧に直行便で行くことはほとんど不可能であり、基本的にはヨーロッパのどこかを経由して、そこから主にSASで乗り継いで行く必要があります。他にもスターアライアンスでは、ルフトハンザドイツ航空も北欧の色々な空港に乗り入れているのですが、特典航空券は全てのルートに利用できるわけではないので、実際に特典航空券の予約サイトで入力して調べてみると、ルフトハンザが利用できるルートは多くはないと感じました。

 

SASは特典航空券の予約開始が遅い!

このSASがちょっと厄介で、マイルを使った特典航空券の予約開始日が、他の航空会社より遅いんです。実際にANAのオペレーターの方に電話して聞いてみたところ、SASの区間だけ出てこなくて、やはり解放されるのが遅いことがわかりました。(ANAの方で把握しているわけではないみたいでした)

つまり、ANAや他のスターアライアンスの航空会社と組み合わせて北欧行きの席を確保しようとすると、他の航空会社と比べてかなり出遅れてしまうことになってしまいます。正確ではないかもしれませんが、SASの航空券をANAのマイルで予約するには、330日前からとなり、しかも私調べだと、路線によるのかもしれませんが、330日前だと1人なら予約できるのですが、2人だと予約できなくて、でもさらに数日待てば、2人でも予約できるようになったりと、とにかく予約するのは大変そうです。(でも不可能ではないこともわかりました。)

 

利用する空港を変更する検討も必要かも!?

北欧への往復どちらとも、ちょっとマイナーな空港を利用するとなると、SASの利用が必要になるので、当然往復の航空券を手配できるのがかなり遅くなってしまいます。直行便利用時に、暫定的な日程で予約しておき、帰りの便が予約開始になってから本来の希望の日程に予約変更するというのは、北欧へ行く場合ほぼ不可能となってくると思います。(日程を変更する場合は、全く同じルートにする必要があるため乗り継ぎがある場合は変更はほぼ不可能)そのためには、帰りの便だけでも、SASではなく、ルフトハンザ等予約開始日が遅くない航空会社を利用して、ヨーロッパのどこかへ乗り継ぎできるルートを探した方が、予約できる可能性が高くなると思います。

 

 結局私は帰りは空港をベルゲンからオスロに変更することに

私の場合、ベルゲンというちょっとマイナーな都市だと選択肢が少なすぎるので、帰りはオスロから日本に戻る飛行機を探すことにしました。行きはスカンジナビア航空(SAS)を使わないとベルゲンまでたどり着けないので仕方ないのですが、せめて帰りの飛行機は、特典航空券の席が解放された直後になるべくとりたいということで、変更を決めました。出発地をオスロに変えたところ、ルフトハンザ等が使えるため、SASを利用しなくても日本に戻ることが出来るようになります。また、オスロに変更したおかげで、利用できるルートの選択肢がかなり増えることになり、予約できる可能性が広がります。

 

タイ航空にも注意!

あとスターアライアンスの提携航空会社で、北欧やヨーロッパからの便を検討する際に注意しないといけない航空会社は、スカンジナビア航空以外にタイ航空あたりではないかと思います。通常は、特典航空券は355日前に開放されますが、タイ航空は340日前となっています。SAS程ではないですが、2週間以上出遅れてしまいます。

 

まとめ

とりあえず、繁忙期になんとか北欧への特典航空券を確保するには、なるべくこの2つの航空会社を利用しないかつ、なるべく多くのルートを調べておいた方がよさそうです。複雑な乗り換えの場合は、オペレーターさんにおまかせしてみるという方法もあるかもしれませんが、オペレーターさんによっては、最初に伝えたルートが無理だと言って、他をあたってくれない場合もあるようなので、そのような場合にも、様々なルートを検討してもらうためには、あらかじめ、自分でも乗り継ぎルートをなるべくたくさん把握しておいた方が、予約できる可能性が高くなるのではないでしょうか。