無理を可能に!?調べまくってお得に旅行や日常を楽しもう!

無理だと思っていた旅行も、色々調べて工夫をすれば、可能になったり、お得に楽しめることがわかってきました。海外旅行に関しては、どんな場所かはわからないけど行くことになった、ノルウェーのベルゲンへの旅行に向けて準備したり調べていることをまとめていく予定です。国内旅行については、沖縄を中心に、旅行やおでかけをして、調べたこと、気づいたことをまとめていく予定です。

初島の食堂街で夕食対応してくれるお店や注意点など

会社の福利厚生でも利用できるエクシブ(XIV)。

お手頃価格でいいホテルに宿泊できるのですが、ホテル内で食事をすると正直高い!

ということで、いつも利用は素泊まりで食事は外でとるのですが、エクシブ初島に関しては、私のような利用の仕方をしている人は要注意です。

 

なぜなら 

・初島への最終の船が17時台なので、熱海で夕食をとって島に戻ることはできない。

・初島にはコンビニがない。(スーパーはあるが、島の商店といった感じで7:30~17:00の営業。お惣菜などはない。)

・食堂街の営業時間は昼のみ(予約すれば夕食対応してくれる店もあるが、17:00スタートで18:30ラストオーダーと営業時間は短い)

・島には、夜ふらっと入れるレストランはない。

 

それでも、ホテルの外で夕食を食べたいと思う私のような方向けに、情報を色々調べてみました。

初島で夕食を食堂街で食べる場合の注意点などについて書いてみたいと思います。

 

 

選択肢は少ない

まず、夕食対応してくれているお店は2店舗プラス曜日限定で1店舗になります。

どのお店も、あらかじめ1人あたり3,500~3,800円程のコースやセットを頼む必要があります。また、スタート時間も17:00と早めの設定になっていて、終了時間も早いです。無断でキャンセルした場合は、ホテルを通して支払いの請求がくる場合があるので気を付けてください。(無断キャンセル等のトラブルが続発したため、夕食対応をするお店がこんなに減ってしまったようです。)

 

送迎はない

あと、ホテルとお店の間の送迎はないので自分で歩いていく必要があります(島内にはタクシーはありません)。ネットで調べると、過去の旅行ブログ等に、「お店の車で送迎してもらった」だとか、あとお店のHPに「送迎についてはホテルに確認してください」などど書かれているので、ちょっと勘違いされてしまうかもしれません。実際、ホテルに朝食の予約をした際、夕食についても確認されて、食堂街で食べるというと、送迎はないのでご注意くださいと念をおされたので、たぶん、送迎に関してもトラブルが色々あったんだと思います。

行きは下り坂ですが(ちなみに行きは、港までエクシブの送迎バスを使っていくことも可能)、帰りは上り坂を歩いて戻る必要があります。

 

こんな感じで色々制限があるので、柔軟に対応してもらいたいのであれば、ホテルで食事の手配をしたほうがよろしいかと思います。

 

現金決済しかできない

これが結構不便で、私はあまり現金を持ち歩かないのですが、初島は、まず船に乗るのに現金しか使えないし、食堂街も現金しか使えません。さるとびも現金しか使えませんでしたから、ある程度の現金は必要になってくると思います。( 2019年7月現在)

 

予約はお早目に!

3つのお店とも、そんなに大きなお店ではなく、席数は限られているので、どうしてもホテルの外で食事がしたいという方は、早めに予約しておいたほうがいいと思います。

でないと、せっかくのリゾート地で、希望の食事にありつけないという、食事難民になってしまうかもしれません。(たぶん、ホテル内で何かにはありつけるとは思いますが)

ホテルでの食事の予約も繁忙期は早めにしておいた方がいいです。私はホテルでの朝食を直前に予約したところ、ビュッフェは満席になっていると言われて、どうしようかと思いましたが、なんとか予約ができました。ちなみに、予約ができても早めに食べに行かないと、8時ごろにはビュッフェの席待ちで長蛇の列が出来ていました。

 

夕食が食べられるお店のまとめ

最後に、夕食対応をしてくれるお店のまとめです。

 

・めがね丸

静岡県熱海市初島191  電話: 0557-67-1465

meganemaru.com

 

・さかや

静岡県熱海市初島217−7 電話: 0557-67-1473

www.rock55shima.jp


・木村屋(曜日限定)

静岡県熱海市初島217−7 電話: 0557-67-1476

www.hatsushima-kimuraya.com


 実際に初島の食堂街で夕食を食べました

 私が利用したのは、さかやさんです。

 

www.otoku-urara.com