無理を可能に!?調べまくってお得に旅行や日常を楽しもう!

無理だと思っていた旅行も、色々調べて工夫をすれば、可能になったり、お得に楽しめることがわかってきました。海外旅行に関しては、どんな場所かはわからないけど行くことになった、ノルウェーのベルゲンへの旅行に向けて準備したり調べていることをまとめていく予定です。国内旅行については、沖縄を中心に、旅行やおでかけをして、調べたこと、気づいたことをまとめていく予定です。

初心者が格安のMiスマートバンド5を使ったら手放せなくなった!

ウォーキング用に、Xiaomi (シャオミ)のMi Smart Band 5(Miスマートバンド5)を購入したのですが、

www.otoku-urara.com

 ウォーキングなどの運動計測を主な目的として使っているのですが、今回は、それ以外にも実際に色々使ってみて、良かった点、便利だと思った点などについて書いてみたいと思います。

 

着信がわかる!

一番便利だと感じたのは、電話の着信を知らせてくれる機能かもしれません。私は結構スマホを放置したままにしているので(カバンに入れたままのことも…)、電話がかかってきても気づかないことが多いのですが、着信があると知らせてくれるので、(スマートバンドで通話はできません)家のどこにいても着信にすぐ気づけて便利です。SNSなどのアプリ(選択可)の通知も受け取ることができるのですが、煩わしいので私はoffにしています。夜寝るときに、今までは枕元にスマホを置いていましたが、今はリビングに置きっぱなしにしています。(急用なら恐らく電話だし、アラーム機能もあるので)

 

手首を持ち上げるとON

 運動時に便利なのが、手首を持ち上げる(時計を見るしぐさ)と、ディスプレイがONになり、画面が見られるという機能です。いちいちボタンを押すことなく、少ない動作で必要な情報を見ることができるので楽です。(今は、なんだか嬉しくてしょっちゅう見てしまったりしています…)

 

睡眠のモニタリング(24h)

 元々不眠気味なので、睡眠のモニタリングにも興味がありましたが、Miスマートバンド5には、その機能もついています。眠れないので酒を飲んで寝るのですが、案の定、深い睡眠はあまりとれていないことがわかりました。昼寝も計測してくれるということで、1日全体の睡眠の質を知ることができます。

 

充電が楽で、14日以上持つ!

f:id:otoku_urara:20210107181045j:plain

私は前のモデルを使っていないので比較はできないのですが、バンドから外さずに磁気充電できるようになったので、充電がかなり楽になったとのことです。確かに、ピッとくっつけるだけだし、楽でした。2時間未満の充電で、なんと14日以上バッテリーが持つということで、長持ちするのも嬉しい。

 

防水もOK

50mの防水機能があるということですが、正直安いので、あんまり信用していませんでした。しかし、恐る恐る湯船に突っ込んでみたのですが、全然大丈夫でした。これなら、お風呂やプールでも安心して使えるのではないでしょうか。

 

お得なグローバル版はこちら

 

2021年1月8日発売の日本版Miスマートバンド5はこちら

 

アマゾンにXiaomiの公式ショップが新しく出来ました。

 

なお、姉妹品のAmazfit band5という商品があるのですが、

 

 7,000円程と少し値段は上がりますが、今コロナウイルス関連で話題のSpO2(血中酸素濃度)の測定が出来たり、Alexaを搭載しているので、こちらの商品も検討する価値はあると思います。

 

番外編 

 旅行という面から便利さを考えてみる

 このブログは、元々は、旅行、おでかけのブログということで、旅行という面から(まだ旅行で使ったことはないのですが)このMiスマートバンド5をどう活用できるか考えてみました。

 

バッテリーが14日持つということで、ある程度の旅行なら十分持つのではないでしょうか。防水機能があるので、マリンスポーツをする際もつけたままでOKです。スマホのリモート撮影をこれですることもできます。世界時計の機能もついているので、必要な都市(複数可)をセットしておけば、現在時刻が一目でわかって便利です。アラームがついているので、目覚ましとしても使えます。

 

 他にも様々な機能があります

詳細は公式サイトで

www.mi.com

 

 最後に

スマートバンドを24時間付け、活用することで、生活する中でのストレスやミスが減ったと思います。(ちなみにストレス計測もでき、深呼吸を提案してくれる機能有)たぶん、もうスマートバンドなしの生活には戻れないのではないかと思うほど便利です。Miスマートバンド5は、私のように、初めてスマートバンドを使う方のエントリーモデルとして、丁度よいのではないかと思います。